春はあけぼの

春はあけぼの
 春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎはすこしあかりて、むらさきだちたる雲のほそくたなびきたる。
                                             『枕草子より』 
 
 春暁の京都盆地にたなびく紫色に染まった雲を見ながら書き上げたかは不明ですが、改めて読み返しても、何気ない美しい情景が伝わってくる名文ですね。




スポンサーサイト



0Comments