未央柳(ビョウヤナギ)

ビョウヤナギ ビョウヤナギ2
 ビョウヤナギが咲いていました。ビョウヤナギは6月から7月ごろに黄色い花を株一面に咲かせる中国原産の半落葉低木です。手入れが簡単なことから公園などに植栽されています。開花時期が紫陽花とほぼ一緒で紫陽花のブルー、紫、ピンクなどの花が多い中で、黄色い花が目立つ存在となっています。ビョウヤナギの名前の由来は、白居易の「長恨歌」に、未央宮殿の柳を楊貴妃の眉に喩えて未央柳の情景を読んだ一節があり、美しい花と柳に似た葉を持つ木を、この故事になぞらえて「未央柳」と呼ぶようになったと言われています。よって別名も「美女柳」「美容柳」「金線海棠」とも言われています。






スポンサーサイト



コメント

非公開コメント