新緑に浮かぶ

新緑に浮かぶ
                ぼんやりと 大きく出たり 春の不二 松岡子規 

 古来富士山を詠んだ和歌や俳句は数多くあります。子規のこの俳句は、春霞にうっすら見えるが、しかし、山容は大きく見えるという、言い得て妙な俳句ではないでしょうか?新緑に包まれた美しい富士山に、しばし魅せられてしまいました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント