響け、春へ

蠟梅とジョウビタキ
期待した雪化粧も見られず、春の淡雪のように消えてしまいました。蝋梅は、いつものように春の花の先立ちを担い、満開の状態になってきました。ちょうどそこにジョウビタキがやって来て、いつものように、春を呼ぶかの如く、高い声を響かせていました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント