小葉の立浪草

コバノタツナミソウ
 花を咲かせる姿が波頭の文様に似ていることから、寄せる波に見立てた名前と言われています。シソ科の多年草で、葉の裏に毛が生えていてビロードの様なことから「ビロードタツナミ」とか「鄙の杓子」とも言われています。公園ではボランティアの人が管理していますが、高尾山では自然の姿で見ることが出来ます。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント