御神渡り出現せず

御神渡り2018
 結氷した諏訪湖に出現する御神渡りについて、神事を司る八剱神社の宮坂宮司は立春の朝、今季を御神渡りの無い「明けの海」と宣言したと新聞に載っていました。これで明けの海は3季連続で、平成以降の33年間で24回目の明けの海の宣言ということです。当初は寒気の流れ込みもあり大いに期待されたのですが、寒気、風、結氷、降雨、解氷など人間には抗えられない自然現象に一喜一憂した29日間を振り返り、「自然の計り知れない神秘さと恐れ、豊かさ、不思議な力を改めて感じた。」と総括していたと伝えていました。写真は、2018年の御神渡りです。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント