早春に咲く花

馬酔木
   
     池水に 影さえ見えて 咲きにほう あしびの花を 袖に扱入(こき)れな  大伴家持
 
 早春に咲く花の一つに「馬酔木」があります。壺型の花をいっぱい咲かせ、微かに香りもあります。この木の枝葉に「アセボチン」という有毒成分を含んでいて、馬が食べると酔って足が萎えることから「足じひ」と呼ばれ、次第に変化して「あしび」そして「あせび」になったと言われています。




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント