梅一輪

梅一輪
           
                   梅一輪 一輪毎の暖かさ  嵐雪

  梅のつぼみが一輪ほころび、また一輪ほころび、 それにつれて少しずつ暖かくなってくる。 松尾芭蕉の弟子服部嵐雪の有名な句です。寒かった冬も、この句のように少しずつ緩んで、春に近づいて行くのでしょう。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント