御神渡り

御神渡り
 NHK長野放送局の昨日のお昼のニュースで諏訪市では13日朝の最低気温がマイナス7.4度と平年を下回る寒さとなりました。こうした中、諏訪湖は13日朝、一面が氷で覆われ、毎朝、湖の状態を確認している地元の八劔神社の宮司は「全面結氷した」と認定しました。13日朝の氷の厚さは2センチほどで、13日のような冷え込みが続き、さらに氷が厚くなれば「御神渡り」が現れる可能性があるということです。湖が全面結氷したのは前回、御神渡りが現れた2018年以来で、地元では久々の出現に期待が高まっています。』がありました。アップした写真は2018年の2月6日に撮った一枚です。
スポンサーサイト



0Comments