武蔵野の面影

武蔵野の面影
 公園の木々も落葉が進み、空の色が大きくなりつつあるようです。木漏れ日の中を散歩していると「武蔵野」と言われる雰囲気を感じさせられる雑木林の佇まいでした。生活のために造られた二次林と言われる林で、かつては炭を焼いていたという説明書きがありました。全て葉が落ちる頃になれば、新たに、野鳥を撮る人達で賑やかになるのでしょう。

スポンサーサイト



0Comments