錦繍の山々を歩く

錦繍の山々を訪ねて
 俳句の世界では中国北宋の画家郭熙の言葉とされる『春山淡冶而如笑』『夏山蒼翠而如滴』『秋山明淨而如粧』『冬山慘淡而如 』を出典とした「山笑う」「山滴る」「山粧う」「「山眠る」という四季それぞれの季語をよく見かけます。郭熙は、中国山水画の画家で、空間を構成する三つの原理として「三遠」という考え方を提唱し尊重された画家です。今まさに「山粧う」は、晩秋の澄んだ空気の中で、山が紅葉で彩られている様にぴったりな表現ですね。
 



  





スポンサーサイト



0Comments