雨上る

雨上る
 霧で全く見えなくなっていた木々が、うっすらと見え始めて来た時は、待っていた甲斐があったと喜んでいたことを思い出します。
スポンサーサイト



0Comments