里山の春Ⅳ

里山の春Ⅲ
麗かな春の暖かい午後です。百花繚乱とまではいきませんが、桜や花桃の花が咲き、木々には若葉が芽吹き出し、一年で最も生命力を感じる季節ですね。限界集落と言われながら少しずつ里山が失われつつある昨今ですが、兎追いしかの山〜と謳われた叙情的な情景が、いつまでも日本人のこころに残っていくことを願って止みません。山梨県北杜市にて
スポンサーサイト



0Comments